夢占い 夢占いのプロ 対面夢占い 電話夢占い 夢占い師

プロ占い師による当たる夢占い

スポンサード リンク

夢は未来の暗示

夢占いとは、夢で見た出来事などを解釈し、現在の状態や過去のこと、または未来に起こることなどを占うものです。夢占いは地域などによって吉凶とされているものなどがものあり、夢に見ると縁起がいいといったものがあり、例えば日本では「一富士、二鷹、三茄子」を初夢に見ると縁起がいいとして知られています。

 

夢占いにはいろいろな解釈方法があり、現実の世界で縁起がいいといわれているものであっても夢に現れたシチュエーションによっては、夢占いの解釈で不吉な夢になることがあります。逆もあって、現実の社会では非常に不吉、または不幸な出来事であっても、夢に見た場合は吉兆の夢であると解釈される場合があります。

 

葬式というのも現実の世界においては悲しいことです。しかしながら夢で見た場合は、必ずしも悲しいことでも不幸なことでもありません。葬式の夢というのは、夢占いでは大きな区切りをつけるといった解釈が行われる良い夢なのです。葬式の夢を見た場合は、大きな区切りをつけて新しいスタートが始まる、または、大きな転機が訪れるという暗示なのです。

 

このように夢占いでは不吉な夢を見ても夢占いの解釈では、全く逆の意味になることがあり、それが夢占いの不思議で、そして面白いところでしょう。

 

夢占いの歴史

夢占いは古代中国でも行われており、日本でも「古事記」や「日本書紀」に夢の内容によって吉兆を占う記述があることから、大昔から行われていたことだということがわかっています。ただし大昔の夢占いは主に不幸な夢を見たときに不幸な出来事が起きるといった、不幸な出来事に対する予知のようなものでした。

 

しかし、オーストリアの精神分析学者であるジークムント・フロイトによって、単なる占いであった夢占いは、学術的研究の対象となって研究されるようになり、精神病理学的判断が行われるようになりました。フロイトは夢に現れるいくつもシンボルに対して解釈を行って1900年には「夢判断」という書を発刊しています。その後、夢占いは、スイスの精神科医・心理学者であるカール・グスタフ・ユングによっても研究され、ユングはフロイトと異なるシンボル解釈を行っています。

 

フロイトやユング以降、夢占いは生理学・心理学研究の発展に併せて発展しましたが、近年、夢は脳の記録システムの機能と考えられるようになっており、最近では、希望する夢を見るためのオモチャなども発売されています。

 

夢占いができる場所

夢占いは、手相や星座、タロット占いなどとともにポピュラーな占いのひとつで、インターネット上の占いサイトや占いの館などといわれる占いの施設で、夢の解釈を行ってもらうことができます。特にインターネット上の占いサイトは、わざわざ施設に行かなくても夢占いが手軽でできます。中には無料で利用することができるサイトもあるため、興味がある人は利用してみてもいいでしょう。

 

また夢占いは雑誌などで取り上げられていることも多く、さらには専門の書籍が多数の出版社から発刊されています。

 

ユングによると、夢には、都合の悪いことには目を背けるといったように偏った一面的な見方をしてしまうようになった意識を補償する働きがあるといいます。つまり夢を見ることは心のバランスを取る機能があるというのです。夢占いによって、その夢がよくない夢と判断されても、それを注意することによって災難を回避することができる場合があります。

 

夢の解釈に落ち込むのではなく、夢の解釈を未来への警鐘と解釈すれば、危険を回避することができて、逆に吉兆とすることもできるのです。夢占いの解釈をポジティブに受け取ることでストレスが軽減されたり、ちょっとしたことで感情が爆発するようなことがなくなったという人もいます。夢占いの解釈を、より有意義な人生を送るために活用したいものです。

スポンサード リンク


スポンサード リンク