夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

夢に携帯電話が出た時

夢は90分ごとに訪れるレム睡眠中に見るものですが、この直後に起きて、そのときに大きな刺激などがあると夢を忘れてしまうといいます。夢を覚えているには、心地のいい状況というのが必要といわれています。

 

そんな夢占いですが、いくつか代表的なシンボルと解釈あります。例えば電話です。電話は最も身近なコミュニケーションツールで、遠くに離れていても電話によって繋がることができますし、直接向かい合っていえないことも電話では素直にいうことができたりします。そんな人とのコミュニケーションツールである電話が夢に現れるということは、コミュニケーションを求めていたり、人間関係になにかトラブルを抱えているといったことの暗示でもあります。

 

夢に電話が登場した場合、その電話がどのように登場したのか、その電話を使ってどのような行為を行ったのかによって夢の解釈が異なります。また、一言に電話といっても様々な種類があります。固定電話もあれば、公衆電話もあり、さらに最近では携帯電話やスマホといったものがあります。実はこの電話の種類によっても夢占いでは解釈方法が異なります。

 

携帯電話はプライベートを表す

いといろとある電話のうち、携帯電話は2011年の内閣府調査によると世帯普及率が92.9%にもなっているというデータが示すとおり、携帯電話を持っていない人の方が珍しいといわれるくらいに普及しており、強力なコミュニケーションツールです。

 

そんな携帯電話が夢に出てきた場合、どのような解釈になると思いますか?
携帯電話が夢に登場した場合、人とのコミュニケーションを暗示していますが、公衆電話や固定電話に比べて携帯電話はよりプライベートな意味合いが含まれます。というのも固定電話は大抵1家に1台で、家族で利用します。親機と何台か子機を使って、自分の部屋でプライベートな話ができるようにしている家庭もあるでしょうが、親機については、家族皆が利用できるようになっているはずです。

 

公衆電話は言うに及ばずでしょう。公衆電話は不特定多数の人間が利用することができる電話です。その固定電話や公衆電話に対して、携帯電話は、その携帯電話の所有者しか使用しません。携帯電話に登録されているメールアドレスや電話番号は自分の親しい人たちや彼氏や彼女など、他の人に知られてしまうと支障のあるものです。おサイフケータイを利用している場合はなおさら携帯電話を他の人に使われないように注意しなければなりません。

 

このように携帯電話というのは、固定電話や公衆電話に比べると、非常にプライベートな意味合いが深くなるのです。そのため、夢に携帯電話が出てきた場合は、その夢の解釈もよりプライベートの意味合いが強くなります。

 

携帯電話が登場するシチュエーションによっても異なる

その携帯電話も夢にどのように登場したかによって解釈方法が異なります。
例えば、人に携帯電話をもらった夢を見た場合、それは携帯電話をくれた人とも繋がりや絆が深まることを意味します。一方で、携帯電話が没収された夢を見た場合、他の人と連絡が取れなくなるということで、孤立することを感じている。そして孤立することに不安を感じているといった解釈になります。

 

そして携帯電話の電池が切れてしまった夢の場合は、自分の気持ちはうまく相手に伝わっていない、もしくは伝わらないという暗示です。また自分の気持ちがうまく伝わらないことによって苛立ちを覚えていることも暗示しています。携帯電話は電池が切れてしまえば、会話ができませんからこの解釈はなるほどといえます。

 

また、携帯電話が壊れてしまった夢は人間関係の悪化やコミュニケーション能力が不足している、もしくは問題があるといった暗示です。夢占いの解釈を聞くと携帯電話が壊れてしまうという夢はみたくないものですね。たとえ夢であっても、携帯電話が壊れてしまうというのは現実世界でも大変な事態です。そんな夢を見ただけでも不愉快な気分になってしまうほど私たちの生活に深く浸透している携帯電話は、夢占いの世界でも心理状態や未来を暗示するための重要なツールとなっているのです。

スポンサード リンク


スポンサード リンク