夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

コンサートに関する夢占い

音楽コンサートなど、コンサートに行くのが楽しみという人もいるでしょう。そんなコンサートの夢というのは夢占いでは自己顕示欲や交友関係といった意味があります。コンサートの夢は自分が注目を浴びたい、人に認められたいといった気持ちを表している夢なのです。

 

またコンサートの夢には緊張から解放される、休息が必要といった意味もあり、心身に疲れを感じていることを示しています。実際に疲れを感じている場合は、少し休息を取ることを考えた方がいいでしょう。

 

コンサートの夢は、夢の状況によって解釈が異なる場合があります。例えば、自分がコンサートを開くといった夢は自己顕示欲の高まりを示していて、この夢を見る場合は、周囲の人に自分を認められたいと強く思って、自分をアピールしている状態を示しています。そのコンサートが特定の人に対して行っている場合は、その人に対して認められたい、もしくは愛されたい、その人を支配したいと思っていることを暗示しています。

 

一方、自分でコンサートを開くのではなく、コンサートを鑑賞しているという夢は、心身共に疲れている状態を表しています。大変に忙しくて、心も体を疲れているため、コンサートを見て心を落ち着けたい、ゆっくりしたいと考えているようです。この場合は休養を取った方がいいでしょう。なお、この夢を見た場合は実際にコンサートに行くと吉兆になることがあります。

 

コンサートを見ている状況

コンサートにはよく、友達と一緒に行くという人もいるでしょう。コンサートの夢については、コンサートを誰と見に行ったかによっても解釈が異なります。コンサートに行くという行為は夢占いでは社交性の表れと解釈されます。そのため、友達と一緒にコンサートに行く、コンサートに誘われる夢というのは人間関係が豊かにある状態を示しています。人間関係が良好であるがゆえに一緒にコンサートを楽しんだり、誘われているのです。

 

また、コンサートに誘われるというのは、多くの友人ができるということも暗示しています。近いうちに多くの友人をと知り合う機会に恵まれるかもしれません。そして訪れたコンサートの演奏が気持ちのよいものだった場合は、何かしらの社会的な楽しみあることを期待することができる吉夢です。今まで見たいと思っていたコンサートが実際に開催されたりといったことがあるかもしれません。

 

コンサートホールの状態というのも夢占いでは重要な要素で、公の場で試されるといった意味を持っています。そのコンサートホールが多くの人で埋まっている場合は、強い期待を抱いていたり、自分の能力や可能性が表れていることを示しています。自分の中の様々な感情がコンサートホールの観客となっているのです。

 

コンサートに関連する凶夢

コンサートの夢でも気をつけた方がよい夢、悪い解釈の夢というのがあります。例えばコンサートホールの状態というのは、自分の感情を表しています。そして観客のいないコンサートというのは、人に認められない、人に注目されない寂しさを表す凶兆です。その観客のいないコンサートに自分が出演者として舞台の上にいる場合は、緊張感や観客がいない、注目されていないことに対して、不安を抱いているということを暗示しています。自分から周囲との壁を作ってしまっていないか、人間関係を見直してみましょう。

 

コンサートで自分が出演者となっている場合、演奏がうまくできない場合というのは、自信がないことを示しています。自信を全く失ってしまって、何事もうまくいかなくなっている状態のようです。そのままでは自分の殻に閉じこもってしまったり、マイナスの感情も持ったりネガティブに物事を考えるようになってしまいますから、なにかひとつのことをやり遂げるなどして自信を取り戻すようにしましょう。

スポンサード リンク


スポンサード リンク