夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

メールに関する夢占い

今や当たり前のコミュニケーションツールになったメールは、連絡事項を伝えたり、自分の気持ちを簡単、お手軽に伝えられるために、多くの人が利用しています。そのメールをしている夢を見たときの夢占いの解釈も、現実の世界でのメールと同じように、ニュースや情報、相手に何かを伝えたいといった意味があります。またそのほかに、誰かと関わっていたい、気持ちが伝わらない、過去の秘密といった意味もあり、メールに関する夢占いの解釈は、メールをどうしているのかといった細かい状況によって解釈が異なります。

 

またメールの内容も重要で、夢ではメールの内容は多くの場合、逆夢になります。つまり良い内容のメールだった場合は、悪い内容の解釈になり、逆にメールの内容が悪いものだった場合は、夢占いの解釈はよいものになるのです。夢でメールを確認する夢を見て、そのメールの内容が悲しいものだった場合は、夢から覚めたとき、その夢が現実のものになってしまったらどうしようと思うかもしれませんが、メールの内容は逆夢ですから、むしろ嬉しい話が舞い込んでいる可能性がある、そんな期待が持てる夢なのです。またメールの内容は何かを知らせるだけでなく、自分の本心を告げている場合もあります。

 

メールをもらう夢、メールを書く夢

メールをもらう夢とは、今後何かのニュースが入ってくることを予兆する夢です。メール内容は逆夢になるため、そのメールの内容がよい内容だった場合は、悪いニュースが入ってくる可能性があり、そのメールの内容が悪いニュースであった場合は、良いニュースが入ってくることを意味しています。夢の内容と吉兆、凶兆が逆になるのです。

 

そのメールの内容がラブレターだった場合、恋愛面でのトラブルが起こることを予兆する夢です。恋人がいる人は、その相手から別れを告げられたり、悲しいことが起きる可能性があります。

 

一方、メールを書く夢というのは、考えなどを整理していることを暗示しています。メールの内容は、自分の本心が綴られており、内容によっては現在の問題を解決するためのヒントが含まれている場合があるため内容を思い出して考えるようにしましょう。メールを送信する夢の場合も同様です。送信するメールに書かれている内容は自分の本心が書かれており、問題を解決する鍵になるものがある可能性があります。

 

メールを書く夢を見たとき、そのメールの内容がラブレターだった場合は、現在の恋愛に不満を持っていることを暗示しています。メールの内容というのは自分の本心ですから、恋愛に関する不満や寂しさから夢の中でメールを書いているのです。

 

メールアドレスが夢に出てきた場合というのは、その人と連絡を取りたいと思っている暗示です。この場合は、そのメールアドレスを思い出してメールをしてみましょう。なお、この夢にはもうひとつの意味があります。それはその人のメールアドレスを知りたいと思っているという解釈です。

 

メールを開封、読む夢

メールを書いたり、もらったりではなく、メールを開封する、メールを読むといった夢を見ている場合も夢占いにおいては解釈があります。メールを開封する夢を見た場合は、新しい世界に向かっていくことを暗示しています。このような場合は積極的に行動してみると、新しい世界が広がるかもしれません。

 

一方、届いたメールを開封せずに放置した夢というのは、現実から目をそらしているといった暗示があります。何か嫌やことがあるか、見たくないものがあって、それから意識的に目を逸らしているようです。この場合はその人の処女性も表しています。

 

メールを読む夢というのは、幸運が期待できる夢です。メールの内容には幸運を掴むためのヒントが含まれている場合があります。そのためメールを読む夢を見た場合は、そのメールの内容を思い出してみましょう。何かヒントがあるはずです。

スポンサード リンク


スポンサード リンク