夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

海・津波に関する夢占い

母なる海といった言い方をするように、海というと女性のイメージがあります。また豊富な海産資源があることから豊かさのイメージがありますが、夢占いにおいても、海というのは豊かさや女性、女王、母親といった意味があります。また生命力や神秘といった意味がありますが、夢占いの解釈は海の状態によって異なります。

 

例えば穏やかで薄く強い海の場合は、恋が生まれるチャンスであり、才能が花開くという意味があります。一方、海が荒れている場合は、恋のトラブルが発生するという凶兆です。そのほかにも不注意によって何かトラブルが発生するかもしれないといった警鐘の意味もあります。

 

大きな海の夢を見るというのは、冒険心のあらわれです。そして大きなエネルギーを表しているため、会社の社長など重い責任を負っている人やクリエイターの人達にとっては非常な吉夢です。大きな海の夢を見るときは充実し、大きなエネルギーが漲(みなぎ)っているときですからそのエネルギーを利用して何かを創造をするのがいいでしょう。

 

海の夢というのはよい夢ばかりではありません。凶夢の場合もあり、例えば海が涸れてしまっている夢というのは、生命力が低下していることを表しています。この場合は体調管理など注意する必要があります。また海が濁っている夢を見た場合も要注意です。というのもこの夢は健康を損なうということを示しているからです。健康を過信して無茶なことをしたりしないよう、健康管理に注意しましょう。

 

津波の夢

海というのは荒れることもありますし、大変な災害を引き起こすことがあります。津波や洪水といったものがそれです。そんな大変な災害である津波は、夢占いにおいては、情熱や意欲などが高まっている吉兆を示しています。その意味と逆のストレスの高まりや先の不安といった意味もありますが、プラスにしろ、マイナスにしろ、津波や洪水の夢というのは、何かが高まる夢なのです。

 

夢占いでは細かいシチュエーションによって解釈が異なる場合がありますが、津波や洪水の夢でも同様で、そのシチュエーションによって解釈が異なります。例えば、津波や洪水が起こったため、避難などを積極的に行っている夢の場合、仕事や勉強への意欲が高まっていることをいます。そこで力を出せば、よい結果となるでしょう。一方で津波や洪水に流されてしまう夢の場合は凶夢といえます。この場合は、現状に流されている、翻弄されているという意味で、嫌な人間につきまとわれたり、周囲の人に冷たい目で見られてしまうといった警鐘の夢でもあります。できれば現実のものとなってもらいたくないものです。

 

洪水などでパニックを起こしているという夢は、現在の状況が能力以上のものになっていることを示しています。詰め込み過ぎていっぱいいっぱいになっていたり、ひとつ崩れるとすべてが台無しになってしまうようなことがないよう、計画は現状を見直した方がよいでしょう。

 

濁流の夢を見るというのもよい夢ではありません。この場合は生活の基盤、経済的な不安を抱えているといった意味になります。

 

海での行動

海の夢であっても、海で何をしているのかによって夢の解釈が異なってきます。例えば、海に落ちるという夢です。この夢は何か事故があったときに助けがないという暗示です。それ以外にも自分が原因で不安になるという意味があります。

 

海で行方不明になるという夢もよい夢とはいえません。海で行方不明になるとは、暗中模索の状態を暗示しているからです。海の中にいるという夢は、夢の意味を知ろうと潜在意識を探っているのなど、精神世界に興味があることを示しています。

 

同じ海の中にいるにしても海底にいる場合は、人間関係や恋愛について深く悩んでいる、葛藤を抱えているということを示しています。

スポンサード リンク


スポンサード リンク