夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

喧嘩に関する夢占い

喧嘩というのはなるべくしたくないことです。確かに喧嘩をしてお互いすっきりして和解することもあるでしょうが、中にはずっとしこりになって残ってしまう場合もあります。そんな喧嘩の夢というのは夢占いでは夢の内容と逆夢になることが多く、嫌な悪い夢ではないかと考えてしまうような夢ほど、ストレスが発散できたり、不運から逃れることができて幸運が期待できる夢となります。

 

夢占いにおいて喧嘩とは、葛藤や拘束状態といった意味のほかに押さえつけられている状態から解放される、自分の内面が整うことへの前兆という意味があるのです。もちろん、実際の喧嘩を予知している場合もありますが、多くは吉夢として解釈されます。

 

そんな喧嘩の夢の中でも、なんと殴られる夢というのは大変な吉夢です。何か楽しいことが先にあることが期待することができるためです。恋人との喧嘩も現実の世界ではあまりしたいものではありませんが、夢占いにおいては恋愛運がアップするという暗示です。恋人との仲が一層深まる可能性がありますし、実際に喧嘩をしていたなら仲直りのチャンスです。恋人と喧嘩する夢は、嬉しいプレゼントがあるかもしれないという意味もあり、恋人への優しい気持ちと、恋人を欲しがる気持ちがアップします。

 

そのほか兄弟や姉妹との喧嘩についても会社や学校などで人間関係がうまくいくことを暗示しており、現実の世界で嫌な喧嘩も夢で見た場合は吉夢とまって、現実とは逆の意味になるのです。

 

吉夢となるケース

喧嘩の夢は吉夢となるケースが多くあります。例えば喧嘩に勝った夢の場合は現在抱えている問題や障害を打破できる、または克服して悩みや不安などが解消されることを暗示しています。現実の世界でも喧嘩に勝つというのはある種の爽快感のようなものがありますが、夢の中でも喧嘩に勝つこととすっきりすることができるのです。

 

また自分が喧嘩をするのではなく、喧嘩の仲裁に入った夢というのも吉夢です。この夢は人気が高まる予兆の夢で、協力者が現れることも暗示しています。

 

喧嘩をして殴られる夢などは、朝起きたとき嫌な気分になりそうですが、実はこれも吉夢です。喧嘩で殴られる夢というのは楽しい出来事がある兆しの夢なのです。また喧嘩をして殴られるとき、相手が異性であった場合は、新しい恋愛がやってくる前兆を示しています。朝起きてうんざりするのではなく、期待をして待ちましょう。

 

警告の夢

喧嘩の夢は吉夢となるケースが多いのですが、どのような状況でもすべて吉夢となるわけではありません。夢の状況によっては凶夢、警告の夢になることがあります。

 

例えば、喧嘩の夢でも自分が喧嘩をするのではなく、ほかの人の喧嘩を黙って見ている場合、これはやるべきことをやっていないという暗示です。現在の問題に関わりあいがある、もしくは当事者であるにもかかわらず、部外者のように喧嘩を見ているという夢なのです。このような夢を見る場合は、現在の問題に対して当事者意識を意識することが大事です。自分に関係のある問題をいつまでも放置しておくと、信頼を失う場合もあります。自分の責任を果たすようにしましょう。

 

喧嘩をする相手が恋人や兄弟、姉妹の場合は吉夢となりますが、それが友人だった場合は注意した方がいいでしょう。というのも喧嘩の相手が友人の場合は友人との確執を暗示しているからです。友人との関係を見直し、信頼関係を修復するようにしてください。

 

喧嘩に勝つ夢は吉夢ですが、喧嘩に勝つことにあまりに執着している場合は、自分の思う通りの行動ができないことになることを表しています。あまりに拘りがあって自分の意に沿うことができなくなってしまう事態に陥る可能性があります。そのような事態にならないよう、考えて行動するようにしましょう。拘りも、拘りすぎに注意した方がいいでしょう。

スポンサード リンク


スポンサード リンク