夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

好きな人が出てくる夢占い

好きな人というのは深く潜在意識に刻まれるものです。ですからふとした隙に好きな人のことを考えてしまうわけですが、それは夢の中でも同じです。夢は潜在意識によってつくられるといってもよいため、好きな人がいて、その好きな人が心の奥深くに刻まれていれば夢に出てくることはむしろ当たり前ともいえます。

 

その夢の内容を解釈する夢占いでは、好きな人が現れる夢というのは、恋愛願望が上昇している、好きな人に会いたいと思っている、好きな人を欲する気持ちが高まっているといった意味と、それとは逆にさびしい気持ちの表れという意味があります。また実際の世界では実現することが難しいため代わりに夢で願望を体験しているといった意味もあり、どのように解釈されるかは夢の内容によります。

 

夢占いは、シンボルがどのように夢に登場してきたのか、どのような行為を行ったのかなど、シチュエーションによって全く解釈が異なってしまう場合があります。好きな人が夢に現れた場合も同様で、好きな人がどのように現れたのかによって解釈がまったく異なってしまうのです。願望とは全く逆の夢を見ることもありますが、逆夢という実際に起こることと逆のことを夢に見ていることもあります。そのため好きな人に冷たくされたりといった悲しい夢を見たとしても、夢に左右されて落ち込んだり、ネガティブ思考になることなく、ポジティブに考えることが大事です。

 

吉夢になるケース

夢の中で好きな人と険悪に状態になったり、喧嘩していたらどうでしょう。大抵の人は悲しく思ったり、落ち込むのではないでしょうか。そして嫌な夢を見たと思うでしょう。しかし、好きな人を険悪な状態になる夢は一見すると凶夢ですが、実は吉兆です。

 

夢の中で好きな人と険悪なムードになったり、喧嘩をしたからといって現実の世界でもそのようになるという暗示ではありません。むしろ夢は幸運が訪れることを暗示しており、何かアクションを起こせば、思う通りの結果になるかもしれないことを示しているのです。

 

例えば、もう一歩好きな人と深い関係になりたいと思っている場合、好きな人と一緒に何かをしたいと考えている場合、そのような場合は、この夢を見たときがチャンスです。

 

凶夢になるケース

好きな人と夢の中で親密でいられるというのは幸せなことです。おそらくこのような夢を見て起きたら、大抵の人がよい夢を見たとよい気分になるでしょう。しかし残念ながら夢占いでの解釈は全く真逆になります。好きな人と親しい関係になる夢というのは夢占いでは、現実には親しくなることができないかもしれないということを暗示しているのです。夢でいい思いとしたとしてもそれが現実のものにならなければ意味はありません。そのため、この夢は凶夢ともいえるでしょう。

 

好きな人に優しくされる夢も同様です。好きな人に優しくされれば誰だって嬉しいものです。そのため、夢に見たときはやはりよい夢を見たと思うでしょう。しかし、夢占いでは好きな人に優しくされる夢というのは、好きな人と離れてしまう、縁が遠くなってしまうということの示す凶兆なのです。夢占いの解釈は現実の世界とまったく逆の意味になります。

 

また好きな人の夢をよく見るというのは、夢の中でも好きな人と会えると喜ぶ人もいるかもしれません。しかし夢占いでの好きな人がよく夢に現れるというのはよいことではなく、好きな人が自分の理想と異なることを意識していることを表しています。好きな人の夢をよく見るというのは必ずしもその人のことを想っているために見るわけではないということです。

 

好きな人の夢については、夢占いの解釈と、現実の世界での解釈が逆になっているケースが多いといえます。もっとも、その人のことが好きすぎて夢に見ているということもありますから、夢が悪い夢かどうかは一概には判断できません。

スポンサード リンク


スポンサード リンク