夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

死んだ人・故人が出てくる夢占い

親しい人がなくなったとき、夢でいいからもう一度会いたいと思う人は少なくないでしょう。死んだ人や故人というのは夢占いでの解釈では、新しい状況に変化すること、問題が解決するかもしれない前兆、故人に対して喪失感や悲しみ、愛情を持ち続けているといった意味があります。

 

死んだ人や故人の夢というのはいろいろな、幅広い解釈がある夢ですが、故人への想いが強い場合は、その故人への想いの強さゆえに夢に見ている可能性があります。故人に会いたい、会いたいと強く想っていて、そのため夢に見ているのです。しかし、これは悲しみや思い出を引きずっていることでもありますから、故人の死を受け止めていつかは区切りをつけなくてはならないことです。

 

一方で故人の夢というのは、何かを伝えたくて夢に出てきているという意味もあります。何か大切なことを伝え忘れていたために夢に現れたり、重要のことを伝え忘れたために夢に現れたというケースもあるのです。

 

なお、死んだ人や故人の夢は故人が何か警鐘を与えたくて夢に出てきているケースもあります。故人の夢は、故人が楽しそうにしている場合は、故人が自分を想ってくれていることを表しているのですが、逆に故人が不機嫌な場合は、何か故人に対して罪悪感を持っているという解釈になります。

 

親や知人の夢を見るとき

夢占いでは、夢の状況によって解釈の仕方が大きく異なります。故人の夢の場合、夢で誰が出てきたかによって夢の解釈が異なります。例えば亡くなった親が夢に現れた場合は、自分自身を見つめていることを暗示しています。この場合は自分のことを深く知りたいと思っていますから、自分の家系や、子供の頃から現在までの出来事やしつけなど親から教わったことなどを思い出してみるといいでしょう。

 

亡くなった親に孝行している夢を見ている場合は、生きているときに親孝行をしておけばよかったと思っていることを表しています。

 

一方、親ではなく知人が夢に現れた場合は、その人に生きていてほしかったと強く思っていたり、何か罪悪感を持っていることを表しています。その人が亡くなったことを深く悲しんでいるために見る夢ですから、いつかはその人の死を受け入れる必要があります。

 

全く知らない、死んでいると思われる人が現れた場合、朝起きて憂鬱な気分になってしまうかもしれません。しかしこの夢は吉夢です。見知らぬ死人の夢というのは、トラブルが解消するという前兆の夢であり、幸運が訪れることを期待できる夢なのです。またこの夢には、知人が出産するという予知夢と同じ意味があるとされています。

 

縁起でもありませんが、友人が死んで夢に現れるといった夢は頼れる人がいなくなったという意味で、この場合、困った事態になったり、経済的に困窮する可能性があります。

 

死人が何か行動をする場合

夢に現れた死んだ人や故人が、夢の中で何かを行ったときも何をしたのかによって夢の解釈が異なります。例えば、死んだ人や故人が何か夢の中で予言を行った場合、その予言が現実のものになる可能性があります。よい予言ならばいいのですが、悪い予言の場合は注意しましょう。

 

知らない死人が家の中に入ってくるという夢は恐ろしいような、困ったような夢ですが、この夢は実は吉夢です。この夢は大きな勝負に勝つことができることを暗示いています。また死んだ人に物をもらうといった夢は縁起でもないようですが、この夢も実は吉夢で、援助が得られる、助けがあるといった意味があります。

 

一方、死者に抱きつかれるという夢は凶夢です。この夢は、病気になる、トラブルが起きる前兆となる夢です。また死者に物をもらうのではなく、死者に物を与えるといった夢も凶夢です。この場合は病気になったり、何か損害をこうむったり、命の危険があることを暗示しています。また、夢の中で死者がよみがえるのもよい夢ではありません。これは厄介なことが起こる前兆です。

スポンサード リンク


スポンサード リンク