夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

借金に関する夢占い

借金をする理由というのはさまざまです。無駄使いを繰り返して借金をする場合もありますし、事業の成績が悪くて借金をすることになった場合もあります。また自分では無駄遣いなどは一切していなくても、他人の保証人などになったために借金を背負う羽目になってしまう場合もあります。事業を行う上で必ずしも借金をすることは悪いことではなく、むしろ必要なことですが、個人間でのお金の貸し借りや無駄使いによって金融機関に借金をすることについては現実の世界の中では悪いことといったイメージがあります。

 

借金は悪いことというイメージがあるためでしょう。現実の世界で実際に借金がある場合は、その思いが夢に反映される場合があります。そして借金の夢というのは、夢占いにおいても、マイナスの解釈になり、仕事や恋愛などでなにか問題をかかえていたり、苦労する凶兆を暗示しています。

 

危ういバランスを表す夢

借金をする夢というのは危ういバランス状態にあることを示しており、どちらに転ぶのかによって、大きなトラブルになってしまう場合があるのです。そのため、借金の夢を見た場合は、不用意な行動をしたり、物事を落ち着いて考えるようにしましょう。あわててよく考えないで行動しないように注意をすることが大事です。

 

また借金をするという夢は愛情を求めていることも示しています。このような夢を見るときは誘惑されやすく、誘惑にのって失敗をする場合もありますから、注意しましょう。

 

また借金をする夢には、入ってくるはずのお金がもらえないといった前兆を表しています。仕事関係など、収入が確実にあるかどうか確認した方がよいかもしれません。借金に追われる夢というのは、仕事での態度など怠惰な態度に対する警鐘の夢です。この場合はトラブルに見舞われる前に仕事や日常での態度を見直すようにしましょう。自分が借金をするのではなく、借金を申し込まれる夢というのもあります。この場合は出費が続くことを暗示しているため、そのための準備をしていた方がよいでしょう。

 

高利貸しが登場する夢

現実の世界で高利貸しを利用して借金をした場合、返済することができればいいのですが、返済ができない場合は高利貸しから厳しい取り立てを受けることになります。こうなれば地獄で、社会生活がままならなくなってしまう場合があります。そんな恐ろしい高利貸しが夢に現れる場合というのも、現実の世界と同様にあまりよい解釈にはなりません。

 

例えば、高利貸しに借金返済を要求される夢はこれから苦しくなることを示す予兆の夢です。子供がいる場合は、子供に関して出費があったり、何か災いがあるかもしれません。また、病気が重くなるといった意味もありますので、注意が必要です。

 

高利貸しに身ぐるみはがされる夢というのは病気や死が訪れるかもしれないというおそろしい凶夢ですから、できれば見たくない夢でしょう。

 

同じ高利貸しが登場しても、その高利貸しが死んだ夢の場合の夢占いの解釈は全く異なります。これは苦しみから解放される、苦しみから抜け出すことができることを示しているため、吉夢といえます。

 

吉夢となるケース

借金は現実の世界ではマイナスのイメージがあります。そのため実際に借金がある場合は、潜在意識の中で悪いことをしていると考えていて、それが夢にも反映している場合があります。しかし実際の世界で借金がない場合は、借金の夢は必ずしも悪い解釈ばかりではありません。

 

夢占いでは夢の状況などによって解釈が大きく異なる場合もあり、借金の夢も状況によっては、吉夢となるケースがあるのです。例えば現実の世界で借金がないときに借金の夢を見る場合は、嬉しいことがあるかもしれないといった吉兆の夢です。また借金をすべて返済する夢は、転機が訪れることを告げる夢です。思わぬ収入があったり、恋人ができたり、仕事上でも昇進したりといったことが期待できます。借金の夢といっても必ずしも悪いことばかりではなく、吉夢となるケースもあるのです。

スポンサード リンク


スポンサード リンク