夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

夢に葬式が出てきた時

夢占いの代表的なシンボルと解釈に、「葬式」があります。葬式といえば、現実の世界では悲しい出来事です。葬式というのは親しい人、もしくは好きな人、自分の伴侶が亡くなったときに、その亡くなった人を弔うことです。ですから、葬式などはできれば身近では行って欲しくないことです。

 

葬式の夢を見たときは、朝から縁起でもない夢を見てしまったと不安に思うのではないでしょうか? または予知夢になったらどうしようと考える人もいるでしょう。しかし葬式の夢というのは現実の世界でも同じように悲しい出来事が起こる、もしくはすでに起こっているといった暗示であったり、近い未来に不幸が起こるといった縁起の悪い夢ではないのです。

 

葬式の夢というのは、生きていく上で大きな区切りをつけるといった意味があります。人生の区切りというといろいろな意味がありますが、この場合は、良い方の区切りです。ですから葬式の夢というのは縁起の悪いどころか良い夢なのです。夢での葬式は、人間として大きな区切りをつけて新しいスタート地点についた。または大きな転機が訪れて区切りが付いたといった意味であり、吉兆の夢なのです。

 

夢に出たのが自分の葬式だった場合

その葬式ですが、葬式の仕方や誰の葬式なのかといったことで解釈が異なります。例えば夢の中で自分の葬式が行われていた場合、これは自身に大きな転機があるかもしれないという暗示です。普通に考えたら、自分が死んで葬式をされるなど、縁起でもないことですし、そんな夢をみたら不安になってしまいます。

 

しかし自分の葬式の夢を見るということは、新しいことにチャレンジしてみる、または新しく生まれかわるといった暗示なのです。新しいことにチャレンジをして今まで知らなかった世界の覗いてみたり、今まで自信がなくてうじうじしていた自分が新しいことにチャレンジして成功し、自信がついて性格が明るくなったり、そうしたことが未来に起こる可能性があるのです。

 

自分の葬式の夢を見れば、誰でも嫌な夢をみたなぁ、と朝から落ち込んでしまうかもしれません。しかし落ち込む必要はまったくありません。むしろ近い未来に転機が訪れるかもしれないと、アクティブに考えるようにしてください。

 

夢に出たのが自分以外の葬式だった場合

では自分以外の、現在生きている人の葬式の夢を見た場合はどうでしょう。
これは少し悲しいことですが、その葬式あげた人とあなたは距離をおきたい、またはその人とは離れたい、関係を解消したいと望んでいるかもしれません。この場合は自分の気持ちを少し考えてみましょう。関係の解消でトラブルを起こさないように注意が必要です。

 

恋人の葬式だった場合、全く異なる2つの解釈方法があります。ひとつは現在よりも恋人と親密になれる、うまくいくという暗示です。こちらの暗示あった場合は嬉しいですね。そしてもうひとつは全く逆で、恋人とは別れが近いという暗示です。どちらの暗示が正しのかについては夢の状況とそして自分の気持ちで判断するしかありません。では全く知らない人の葬式だった場合はどうでしょう。この夢を見た場合は喜びましょう。というのは吉兆の夢だからです。この場合は、人間関係が良くなる、金銭運があがる、新しい出会いがあるといった暗示です。

 

このように葬式の夢というのは吉兆であることが多いのですが、注意しなければならない点もあります。それは夢の内容が具体的ではっきりしている場合です。夢の内容というのはどちらかというと曖昧です。物や場所がわかってもそのディテールはぼやけていることが多いのです。しかし、夢だが現実だか区別が付かないような夢は内容がはっきりしている場合、その夢はもしかしたら正夢になってしまう可能性があるからです。ですからあまりにはっきりした内容だった場合は夢に現れた人の現状を確認してみたり、少し注意した方がいいでしょう。

スポンサード リンク


スポンサード リンク