夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

猫・子猫が出てくる夢占い

猫好きの人には猫の夢というのは嬉しい夢ですし、猫が好きなあまりに猫の夢を見たのではないと考えるものかもしれません。ところが夢占いの世界では、猫は一般的に女性の象徴とされており、そのため猫の夢というのは、夢の状況によってさまざまな解釈が行われ、吉夢となるケースもあれば、凶夢となるケースもあります。

 

猫の夢を見たときにポイントとなる点は、猫がどのようにかかわったかということです。例えば夢の中で猫に噛まれた場合というのは、嫉妬を抱えているということを暗示しています。それもちょっとした、可愛らしい嫉妬などではありません。抑制できないほどの、激しい嫉妬を抱えていることを意味しているのです。過剰な嫉妬は、自分も滅ぼしてしまうこともありますから、このような夢を見る場合は、少し落ち着いて考える機会を設けた方がいいかもしれません。

 

そしてもうひとつのポイントが夢に現れた猫がどのような猫だったということです。夢に現れた猫の色が何色だったか、またその猫がきれいだったかいう点によっても夢占いの解釈が異なります。

 

猫とのかかわり

夢に猫が現れた場合、その猫とどのようなかかわりを持ったのかによって夢の解釈が異なります。猫に噛まれた場合は、激しい嫉妬を抱えているという意味になりますが、猫に引っ掻かれた場合は、母親などの周囲に口うるさくいわれたり、先輩や同僚などにつっかかれてうんざりしているという意味になります。

 

何度追い出しても猫が近寄ってくる、猫にまといつかれるといった夢の場合は、周囲が自分の言葉を聞いてくれない、理解してくれないといったことを暗示しています。一方、同じ猫が寄ってくる夢でも、その猫が自分の腕の中でおとなしくしていてくれる場合は、妹や後輩などの目下の人が自分のいうことを聞くようになってほしいということを願っている夢なのです。

 

猫は女性の象徴ですから、猫が恋を意味したり、姑を意味することもあります。例えば猫が睨んでいる夢は、その睨んでいる人を憎んでいるという暗示です。逆に高いところから猫に見降ろされている場合は、先輩などの目上の人に悪意を持たれていて、それを自分でも感じ取っているという意味になります。

 

夢に自分の飼い猫が現れる場合がありますが、この場合は特に意味はありません。単に夢の中で記録したことを思い出しているだけ、という可能性が高いです。しかし、その猫を可愛がっていると解釈が異なります。猫を可愛がっている夢は、猫好きの人にとっては、自分の願望かもしれないと考えるかもしれません。しかし、猫を可愛がるという夢は実は凶夢なのです。この場合は自分が目をかけている、または可愛がっている女性から裏切られることを暗示しており、見た目だけでその人を判断してはいけないという警鐘も含まれています。

 

猫の姿

夢の中に猫が現れた場合、その猫の姿によっても、夢の解釈が異なります。例えば、夢の中に黒猫が現れた場合ですが、これは吉夢です。黒猫は不吉などといわれますが、夢の中の黒猫は幸運を運んでくる存在なのです。ただし、同じ黒猫でもその猫が汚れていた場合は、自分のコンプレックスなどでトラブルになるかもしれないという予兆を表しています。幸運をはこんでくれるのはきれいな猫なのです。

 

一方、白い猫というのは、珍しい出来事や出会を表しており吉夢といえます。しかし白い猫が現れる夢には全く逆の意味もあって、騙される、罠にかかるといった意味もあります。そのため夢に白い猫が現れた場合は、不用意に他の人のもめごとなどに関わり合いにならない方がいいでしょう。

 

夢に現れた猫がけがをしていたり弱っている場合は、トラブルが発生することを示す予兆の夢です。人に裏切られたり、恋人に浮気をされるなどのトラブルに見舞われる可能性があるため、注意した方がいいでしょう。

 

あちこち走り回っているような元気な猫が現れた場合は吉夢です。この場合は、交友関係や恋愛関係が広がることを暗示しています。

スポンサード リンク


スポンサード リンク