夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

離婚に関する夢占い

現実の世界での離婚とは悲しいことと同時に、離婚調停や財産分与などいろいろなトラブルが生じる問題です。そんな離婚の夢を見た場合は、嫌な夢を見た、現実のものとなってしまったらどうしようなどと思うのではないでしょうか。しかし夢占いでは、離婚の夢は逆夢と解釈されます。夢占いは未来の前兆や、現在の状況に対して警鐘をならす解釈もあるのですが、離婚の夢については離婚の危機があるという意味ではないのです。そのため、夢の内容に左右される必要はありません。

 

離婚の夢というのは相手を強く思っているがゆえに見る夢で、それを潜在意識が離婚という形で逆夢を見せていると考えられています。そのため、離婚の夢は、離婚どころかむしろ相手に対する強い気持ちを自覚させて、相手との絆をより一層強くさせることが多いようです。

 

ただし、夢占いは夢のシチュエーションによって解釈が異なる場合もあります。離婚の夢についても自分が離婚するのか、それとも友人が離婚するのか、またすんなり離婚ができるのかなど、細かい状況によって異なります。また状況によっては吉夢にならない場合もあります。

 

自分が離婚する夢

現実の世界で結婚をしていてその配偶者と離婚する夢を見た場合や、恋人がいて、その恋人と離婚する夢を見た場合、相手を想うあまりの逆夢と解釈されます。離婚というイメージから夢から覚めたとき、嫌な夢を見たという気持ちを持つかもません。しかし、離婚の夢というのは吉夢ですから、夢の内容に左右されたり、夢が現実のものとなったどうしようと不安になる必要はありません。

 

とはいっても離婚の夢を見れば、現実の世界でそのようにならないよう気を付けるでしょう。実はそれが、よいことなのです。離婚しないように、夢が現実のものとならないようにと考えることによって、より相手もことを考えたり、相手に気に入られようと行動するようになりますから、それによって相手との絆が深まることもあります。

 

ただし、夢を現実のものにしないために気を使いすぎて疲れてしまっては意味がありません。離婚の夢というのは、男性の場合、感情的な問題に対処することが難しいといった意味があります。一方女性の場合にも、社会的にふるまうことが難しいといった意味もあり、離婚しないようにふるまうことが難しいと思っているという意味もあるのです。

 

相手に合わせすぎて無理をすると、それはストレスになってしまうため逆効果になってしまう場合があります。相手に気に入られようと思うあまり、行き過ぎた考えを持たないように注意しましょう。

 

トラブルの凶兆となる夢

夢の中で自分以外の人が離婚する夢を見た場合は、その自分以外の人間が誰かによって解釈が異なります。例えば両親が離婚する夢を見た場合は、両親に離婚してほしくないと思っているために見る夢です。この夢はよく子供が見る夢で、両親のことが好きなことから見る夢といわれています。不安に思っていることがあるのならば一度両親と話してみるのもいいでしょう。

 

一方、離婚の夢でも離婚のトラブルに巻き込まれたり、離婚したいのにできないといった夢の場合は吉夢とはいえません。離婚のトラブルに巻き込まれる夢というのは、現在抱えている仕事などが中断したり、予定が変更されるかもしれないという予兆です。ただし、その原因については、自分の気持ちや判断が明確でないからというのが理由である可能性があります。この場合は、自分の考えやきもちをアピールすることで解決できる可能性があります。

 

離婚したいと思っているのに離婚ができないという夢は、周囲の干渉に困っていることを暗示している夢です。そのままの状態を続けているとストレスがたまってしまいます。運動をしたり、遊んでみたり、気分をリフレッシュすることを考えてみましょう。

スポンサード リンク


スポンサード リンク