夢占い プロ 対面占い 電話占い

スポンサード リンク

占い師が出てくる夢占い

人が見る夢の世界はとても広く、その中にはズバリ占い師が登場することがあります。夢の中に占い師が登場してきたり、自分が占ってもらったりすることは、夢占いでは様々な解釈をすることができます。

 

占い師や預言者というのは、もともと、覚醒、または誰かから智恵や助言をもらうことを意味します。そのため、夢の中で占ってもらう夢を見るということは、何か助言をもらったり、助けてもらうことを期待していると解釈できるのです。そして夢の中で占い師に占いをしてもらっている場合は、未来に占いの結果が実現する可能性があります。つまりこの場合は、夢は未来の出来事の予兆であるのです。

 

そのため、占いの結果が良いことであれば、それが実現する可能性があるということですから、これは嬉しいことですよね? しかし占いの結果が悪いことだったらどうでしょう。未来に占いの結果通りに悪いことが起きる可能性があるということです。この場合は、夢の内容を思い返して、注意したり、気を遣うなどしておいた方がよいでしょう。

 

出てきた占い師は誰だったのか

夢占いは、同じ物や人物が登場してきても、シチュエーションによって全く解釈が異なる場合があります。同じ物が夢に登場してきても、状況次第で吉兆の解釈になったり、またはその逆の悪い解釈になったりします。占い師が現れる夢についても、占い師が単に登場しただけの場合は、助言をしたり、協力する人が現れることを指示していることになります。しかし夢の中で占い師に占いをしてもらった場合は、それが未来の予兆になる場合があります。また夢の中に予言者が現れた場合は、現在抱えている不明な案件が解決する予兆です。

 

また自分が占い師になっているという夢を見た場合ですが、この場合は、吉兆の夢とはいえません。というのは自分が占い師になっているということは周囲に誤解されているという意味なのです。ですからあなたが占い師になっているということは、現在、あなたが人に誤解されていることを示しています。さらに誤解を受けているだけでなく、その誤解を解消するのが難しく、苦労していることを示しています。

 

この場合、身に覚えがある人は、根気よく誤解を解く努力が必要ですし、身に覚えがない場合は、誤解を受けている可能性があるため、不用意な言動は避けた方がいいかもしれません。夢の中で占い師になっていることはよいとはいえないことですが、それもひとつのアドバイスと解釈して、現実の世界で注意をするようにすれば、トラブルなどを回避することができて、結果として良い夢ということにすることができるかもしれません。

 

夢の中での占い結果に注目

そのほか占い師の占い結果によっても解釈が異なります。夢に占い師が現れて占いを行い、その結果が悪かった場合は、何か決断することがあって決めたものの、それに自信がない場合も示しています。この場合はそのままつっぱしったりしないで、一度立ち止まって、いろいろな方法を検討するなど、考えてみてはどうでしょうか? 占い師の占いの結果が悪かった場合仕事や勉強でも失敗に注意しなさいといった警鐘の意味もあります。ですから慌ててものをやらずに、慎重にことを囲んだり、用心することが大事です。

 

そのほか、占い師の占いが的中した夢を見た場合は、占いの結果が的中して欲しい、現実になって欲しいという願望があることを示しています。占いの内容が良いことならいいのですが、悪い結果の場合、さらに悪い方、悪い方に物事を考えてしまう場合があるため、注意してください。占い師の占いをしてもらおうかどうか迷っている場合は、尻込みしている状態にあることを示しています。逃げ出さずに結論を出すことが大事です。夢の中で占いにすがっている場合は、健康上の問題を抱えていることを示しています。最近働きすぎたなぁ・・・と思っていたら少し休むことを考えてください。

スポンサード リンク


スポンサード リンク